すっかり京女?

春と言えばタケノコ、タケノコと言えば春ですよね。
タケノコが名産の町に住む我が家では、春はタケノコな日々です(*^_^*)

タケノコを初めて調理したのって、いつでしょう・・・
たぶん結婚して東京に住んでいた時?
宅配野菜の「らでぃっしゅぼーや」のおまかせ野菜で届いたように思います。
タケノコの茹で方というレシピを見ながらドキドキして茹でたのを覚えてるな~・・・
だってタケノコって、泥はついてるし皮はかぶってるし普通じゃないもんっ。
扱いに迷うのは当然だよね~。

なんて思っていましたが、タケノコの名産地に住んで早7年。
すっかりタケノコの下処理や調理にも慣れました(*^^)v
ほら、こーんな風にして茹でるんですよ。

泥を洗い流して、表の何枚かの皮を剥きます。
穂先の固い部分を切り落とし、皮の部分に切れ目を入れて火が通りやすくします。
続いて下の赤いイボイボを包丁で取り、あとはいっぱいのお湯で茹でるだけ。
タケノコはアクが強いので、米ヌカかタカノツメを一緒に入れて茹でますよ♪

こんな下処理をぱぱっと出来るようになった私はすっかり京女?
なんて、ちょっと嬉しくうっとり自惚れた気分になっています(^^♪

私がいちばん好きなタケノコ料理は、タケノコと鶏肉の炊き合わせ。
炊き合わせ=煮物ですが、炊き合わせという表現が京都っぽくて好きです。
ま、ちなみにこれは姑に教わった料理方法ですが、
代々の味をしっかりと引き継げた自分にもうっとりしている春ボケしている今日この頃です(苦笑)

あ、そういえば姑から買い物に付き合って欲しいといわれていたのを忘れていました。
GWあけたら、って話をしていたけど、もうあけてしまった~。
やっぱり春ボケ?(苦笑)
きっと義実家で購入した新車のトヨタアクアでお出かけだろうから
私は体一つあけておけばよいのです♪
予定を伺わなければ~!